きくかけトップロゴ

“きくかけ”で、インターネットの楽しいツールをご紹介。

意味は無いかもしれませんが、

2008年08月06日

 トピックスで見ました。

 メールの両手入力は若さの証?
 じゃあ明日から両手で入力しないと(--)

 けど、よくよく見てみるとやっぱり、片手で入力する人が全体の七割強はいるらしい。圧倒的多数、というやつでしょうか。
 実は私、ポケットベルから携帯通信機器の世界に入った口でして。あれは受話器を片手に数字を打ち込むもんですから、両手で打つなんて概念は無かったわけでして。いや、両手でも打てたんでしょうけどね、両手で打つほどの情報量が無かったわけですよ。電話番号なら10桁、ひらがな変換でも多くて20桁程度で済ませてましたから。めんどくさくて。

 でもメールは簡単なので、長文になりがち。
 それでも片手で事足りる(^^)

 でも待てよ。もっとよく見てみると……

 なんと、一度のメールでの文字数は、10代の65%、20代の55%が50文字未満。30代だと逆に半分以上が50文字以上の長文。歳くうとメールもくどくなるということか。
 むぅ。

 ……やっぱり明日からは“両手”で“短文”を心がけるか(--;)
posted by チクジョウ at 23:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | ちなみに(呟いてみると)
この記事へのコメント
お久しぶりです。
文字数だけでなく、返信までの時間も入れて計算すると対して変わらないと思いますよ。
即返信するか、気づいた時にまとめて書き込むか^^
Posted by yhn1 at 2008年08月11日 01:03
こんにちわー。

なるほど。
やりやすい方法でやればいい、ってことですかね。
ムリして両手で打ってたら、打ち間違いがいつもの1.2倍くらいありましたから(--;)
Posted by チクジョウ at 2008年08月12日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17692966

この記事へのトラックバック